こたえる。かなえる。新しい決意「かざか証券」!
【レンタルサーバー】激安!ロリポップ
【アフィリエイト】エーハチネットに参加してお小遣いをゲットしちゃいましょう

プロポーズ大作戦 名言集

プロポーズ大作戦 最終話の名言集?

プロポーズ大作戦最終話の中からの名言(?)集を載せてみました♪


健(山下智久)の質問に対する礼(長澤まさみ)の言葉です。

「私ね、高校の頃とか、

    なんで私達幼なじみなんだろうってずっと思ってた。

      幼なじみじゃなかったら、

        もっと素直になれたかもしれないとか、

          こんなに苦しい思いしなくてすんだのにとか、

            色々思った。

    でも、そこを否定するのは違うって気づいたの。

    その時は辛かったり、失敗だなって思ったとしても、

      それがなかったら、

        今の私がここで笑ってないって思ったら

          後悔することなんか一つもないって思ったの。」


過去があるから今がある。

過去の全ての出来事が今を支えているんですね。



礼(長澤まさみ)の言葉を受けて、健(山下智久)の心の声です。

「礼は過去に逆らうことなく、今を生きていた。

    過去の全てを受け入れて、揺るぎない今を生きていた。

      過去をやり直そうともがいてきた俺にとって

        礼の潔さは眩しく、そして胸に染みた。

    どうして子供の頃あんなに簡単にできたことが、

      大人になると複雑で難しくなってしまうんだろう。」


今を生きている人は美しく、眩しいです。

それは、自分の過去を自分の中に受け入れているからなんでしょう。



やっぱり、妖精(三上博史)のお言葉は外せないでしょう。

「大事なことは、

    過去を嘆く今ではなく

      今を変えようとする未来の意志だ」


「求めよ、さらば与えられん。

    尋ねよ、さらば見出さん。

      扉を叩け、さらば開かれん」


思っているだけではダメ!

伝えたいことは言葉にして相手に伝える。

行動することが大事なんだね。



多田(藤木直人)の言葉もいっときますか。

「僕は、誰の手にも変えられない運命って

    絶対に存在すると思ってる。

      それがどんなに困難に見えても

        結ばれるしかない運命ってあると思ってる。」


その運命は健(山下智久)と礼(長澤まさみ)のことだと悟ったのでしょうか。

賭けはバレバレでしたね。

優しすぎます。



さて、妖精(三上博史)の

奇跡の扉を開ける鍵は誰の手にも握られている。

  ただ、それに気付く人はほんのわずかしかいない。

    運命を変えるほどの大きな奇跡は、そうそう訪れない。

「変えたい!」と思う小さな一歩を重ねることで、

  いつの日か奇跡の扉は開く・・・


というセリフで始まったこのドラマも、礼(長澤まさみ)の

「ケンゾー!」

というセリフと健(山下智久)の笑顔アップで終了しました。

次は誰に起こるのかな?

ハレルヤ〜、チャンス!

プロポーズ大作戦

気になる人気ランキングへ

この記事へのトラックバック・コメントなどをお待ちしております♪

プロポーズ大作戦 名言集

プロポーズ大作戦 第10話の名言集?

プロポーズ大作戦第10話の中からの名言(?)集を載せてみました♪


まずは冒頭での妖精(三上博史)のお言葉を取り上げてみました。

「幸せはどこに転がっているか分からない。

    思いがけない幸運は思っている以上に

      身の周りで起こっているのかもしれない。

    予期せぬ幸運を掴むには一つだけ条件がある。

    どんなに不運を嘆いても、全く気分が乗らなくてもかまわない。

    とにかく、その場に参加すること。

    これこそが幸せの扉を開ける第一歩である。」


確かにそうだよね。

宝くじだって、買わなきゃ当たらないんだから。



引き続き妖精(三上博史)のお言葉です。

「奇跡の扉を開ける鍵は

    お前の心の中にしかないんだよ。

      お前はそれに気づいてないだけだ!」


気づくっていうことはスゴク重要だと思います。

でも、気づくためには、準備が必要なんだよね。

十分な準備ができていないと気づけないし、

気づいたとしても活かしきれないんだよね。



健(山下智久)の心の声も挙げてみました。

「奇跡の扉を開ける鍵は

    心のどこに隠れているのだろう・・・

      それを見つけることができれば

        この距離を埋められるのだろうか・・・」


「結婚は二人だけのものではない。

    両親や兄弟を含めた

      家族みんなの幸せの上に成り立っている。」


健(山下智久)の心の叫びは礼(長澤まさみ)に届くのか?

奇跡の扉を開ける鍵はどこにあるのか?

最終回が楽しみですね。


プロポーズ大作戦

気になる人気ランキングへ

この記事へのトラックバック・コメントなどをお待ちしております♪

プロポーズ大作戦 名言集

プロポーズ大作戦 第9話の名言集?

プロポーズ大作戦第9話の中からの名言(?)集を載せてみました♪


妖精(三上博史)の健(山下智久)に対する叱咤激励を取り上げてみました。

「お前にチャンスを与えたことを

    俺に後悔させないでくれ」


何も期待していないことや人には「失望」という感情は生まれてきません。

期待をしているからこそ、上手くいってほしい。

そして、もどかしい。



健の勤める会社の係長が健(山下智久)に言ったセリフはどうでしょう。

「失敗しても当たり前

    成功したら男前」


ただ韻を踏んでるだけのような気がしますが、

意外と核心をついてる言葉だと思います。



やっぱり、最後は多田(藤木直人)から礼(長澤まさみ)への

プロポーズでしょう。

「僕と結婚してください!

    礼と結婚したいという想いは、

      この先何年経っても変わることのない答えなんだ。

    もう、自分の中では答えが出てるのに

      礼に伝えるのを先延ばしにしたくなかった。

    大学を卒業したばっかりで

      そんなことすぐに考えられないかもしれないけど、

    もし、礼の中でも答えが出せるのであれば

      この先の人生、ずっと共有していきたい」


普通に付き合ってて

こんな言葉でプロポーズされたら

「No」と言える女性は皆無なんじゃないのかな。

「ずっと共有していきたい」っていうのは結構イイと思うな。


プロポーズ大作戦

気になる人気ランキングへ

この記事へのトラックバック・コメントなどをお待ちしております♪

プロポーズ大作戦 名言集

プロポーズ大作戦 第8話の名言集?

プロポーズ大作戦第8話の中からの名言(?)集を載せてみました♪


妖精(三上博史)の冒頭での語りを取り上げてみました。

「エイブラハム・リンカーンはこう言っている。

    『あなたが転んでしまったことに関心はない。

      そこから立ち上がることに関心があるのだ』と」


過ぎ去ってしまった過去のことなどに囚われていないで

未来に目を向けていこうよ、っていう感じでしょうか。



礼(長澤まさみ)が健(山下智久)に

多田(藤木直人)と付き合うことを告げる場面。

「駆け引きとか、計算とかなく

    好きだって気持ちをストレートに

      伝えてくれたことが嬉しかったの・・・」


たぶん、時と場合と相手にもよるんだろうけど、

やっぱり、ストレートに気持ちを伝えることが

相手に一番伝わるのかもしれません。



幹雄(平岡祐太)が健(山下智久)に言ったセリフはどうでしょう。

「無理に忘れようと思っても

    無駄だと思うけどな。

      すぐに忘れられないから

        好きってことなんじゃないの」


相手を想ってきた時間が長ければ長いほど

すぐに忘れるのは難しいよね。

すぐに忘れられるのは、それだけの想いでしか

なかったのかもしれない・・・



最後は、礼(長澤まさみ)のセリフで。

「こうやって当たり前になっていくのかな・・・

    誰かがこの場に居なくても

      それが普通になってっちゃうのかな・・・」


悲しいけれど、同じ場所に留まっているのは

成長がないのと同じだからね。


プロポーズ大作戦

気になる人気ランキングへ

この記事へのトラックバック・コメントなどをお待ちしております♪

プロポーズ大作戦 名言集

プロポーズ大作戦 第7話の名言集?

プロポーズ大作戦第7話の中からの名言(?)集を載せてみました♪


妖精(三上博史)の冒頭での健(山下智久)との会話からの語りを取り上げてみました。

「口でいくらヤル!と宣言したところで、

    自分の殻を破らなければできるはずはない。」


本質を変えていかなければ、

現状打破は難しいということでしょう。

人間変えられるのは自分と未来だけですからね。


健(山下智久)が尚(濱田岳)に熱く語ったセリフ。

「手を伸ばしてもいないくせに何言ってんだ!

    何黙って見逃してるんだ!

      今さら空振りするのビビってるんじゃねえよ。

        ホームラン狙って思い切り空振りしてこいよ!」


人は時として自分への不甲斐なさを他人に転化して

怒りをぶつけてしまうことがありますね。


最後は、妖精(三上博史)のセリフで。

「小さなことにこだわってるから

    大きな幸せが掴めないんだよ」


小さなこだわりっていうのは、

自分への言い訳なのかもしれません。

言い訳を考えないで常に前進する人に

幸せは訪れるのでしょう。


プロポーズ大作戦

気になる人気ランキングへ

この記事へのトラックバック・コメントなどをお待ちしております♪

プロポーズ大作戦 名言集

プロポーズ大作戦 第6話の名言集?

プロポーズ大作戦第6話の中からの名言(?)集を載せてみました♪


妖精(三上博史)の冒頭での健(山下智久)との会話からの語りを取り上げてみました。

「勝手にダメだと決めつけてチャレンジもせずに諦める。

    ぶつかりもせずに自らの手で奇跡の扉を閉じていては

      幸せなど舞い込むわけはない。」

  「決めつけはタブーだ」


諦めるのは楽なんですよね。

でも、楽してたら現状からは一歩も進めない。

思い込みも一種の諦めなのかもしれません。


学食で礼(長澤まさみ)と話していたユリ(榮倉奈々)のセリフ。

「失いたくないものがある時に

    カッコ悪くても思い切って一歩が

      踏み出せるかどうか、なんだろうね」


思っているだけでは相手に伝わらないことは沢山あります。

体裁を気にするのか、自分の気持ちを大切にするのかで

未来は変わってくるのかもしれません。


ちょっと変わったところで、製図室に飾ってあった色紙に書いてあった言葉はどうでしょう?

「愛に形がないように

    形にも愛はないんだよ」


これを選んだのは特に理由はありません。(笑)

何となく気になっただけです。


じゃあ最後は、妖精(三上博史)のセリフで。

「恋愛なんて自分勝手以外の何ものでもない。

    そう思っても自分本位に行動できないのは

      相手のことが好きだからなんだろうな」


ワガママっていうのも恋愛には重要なスパイスなのかもしれませんね。


プロポーズ大作戦

気になる人気ランキングへ

この記事へのトラックバック・コメントなどをお待ちしております♪

プロポーズ大作戦 名言集

プロポーズ大作戦 第5話の名言集?

プロポーズ大作戦第5話の中からの名言(?)集を載せてみました♪


妖精(三上博史)の冒頭での語りを取り上げてみました。

「人間とは物事がうまくいかなかったときに

    理由を求める生き物である。

      状況やタイミング、天気や運勢、

        様々な言い訳を引っ張り出しては自分を慰める」


う〜ん、的を射てますね〜。


礼(長澤まさみ)の祖父・太志(夏八木勲)が健(山下智久)と尚(濱田岳)に言ったセリフ。

「今度やろうはバカヤロウ、明日やろうもバカヤロウ。

    思い立ったら何でもすぐやらなきゃダメだ!」


やってみることが成功で、慎重になることが失敗なんですね。


幹雄(平岡祐太)が尚(濱田岳)に語ったセリフはどうでしょう?

「相手の目をじーっと見てれば、

    だんだん近づいて、いつも間にかキスしてるって。

      キスってさ、ただの結果だから。」


クールだね〜


じゃあ次は、太志(夏八木勲)がバーガーショップで言い放ったひとこと。

「言いたいと思ったら言う。

   言わないでも伝わると思ったら大間違いだ!」


賛成!思い込みは単なる独り善がりだよ。


プロポーズ大作戦

気になる人気ランキングへ

この記事へのトラックバック・コメントなどをお待ちしております♪

プロポーズ大作戦 名言集

プロポーズ大作戦 第4話の名言集?

プロポーズ大作戦第4話の中からの名言(?)集を載せてみました♪


妖精(三上博史)がリアクションの薄くなったに健(山下智久)へ語ったこのセリフを取り上げてみました。


「言葉にできない感謝など

    感謝していないのも同然だ」


確かに、言葉にしなきゃ伝えられないこと、伝わらないことってあるよね。

そして、卒業式の日の写真を前にして妖精(三上博史)が語ったセリフ。

「卒業の日に抱えてる想いは

   卒業証書の数だけある」



「なんで第一じゃなくて第二ボタンなのか?」というエリ(榮倉奈々)の疑問に対して
礼(長澤まさみ)が語ったセリフはどうでしょう?

「心臓に一番近いから。

   制服ってさあ、高校時代ずっと身に付けてるものでしょ?

    だから、第二ボタンには

     その人の想いがいっぱい詰まってるんだよ」


そして、その後に礼(長澤まさみ)がポツリと呟いたセリフ。

「きっとさ、相手が近ければ近いほど

   第二ボタンまでの距離って遠くなるんだよ」


こんな想いは誰にでも経験あるんじゃないかな?


プロポーズ大作戦

気になる人気ランキングへ

この記事へのトラックバック・コメントなどをお待ちしております♪

プロポーズ大作戦 名言集

プロポーズ大作戦 第3話の名言集?

プロポーズ大作戦第3話の中からの名言(?)集を載せてみました♪


妖精(三上博史)が冒頭に健(山下智久)へ語ったこのセリフを取り上げてみました。


「人間は自分の不都合な事があると

  『まさか』や『偶然』という言葉に頼ろうとする

    悪いクセがある」


「本質から目を逸らしていては

   いくら過去に戻っても何も変わらない」



名言じゃないですが、こんな懐かしいのもありましたね。

健(山下智久)と礼(長澤まさみ)の相性占い(運命数)・・・94%

多田(藤木直人)と礼(長澤まさみ)の相性占い(運命数)・・・27%


こんな会話もちょっと面白かったなぁ

エリ(榮倉奈々)が多田(藤木直人)に質問した場面・・・
エリ:「もし先生とあたしが出会って恋をしたらどんな答えになりますか?」

多田:「y=e^x と y=logxと同じ」

 そのココロは・・・永遠に交わらない




プロポーズ大作戦

気になる人気ランキングへ

この記事へのトラックバック・コメントなどをお待ちしております♪

プロポーズ大作戦 名言集

プロポーズ大作戦 第1話の名言集?

プロポーズ大作戦第1話の中からの名言(?)集を載せてみました♪


プロポーズ大作戦』は、妖精(三上博史)のこのセリフから始まりました。


奇跡の扉を開ける鍵は誰の手にも握られている。

  ただ、それに気付く人はほんのわずかしかいない。

    運命を変えるほどの大きな奇跡は、そうそう訪れない。

「変えたい!」と思う小さな一歩を重ねることで、

  いつの日か奇跡の扉は開く・・・




そして、健(山下智久)の気持ちを代弁したかのような妖精(三上博史)のセリフも良かったですね。


「結婚相手は一番好きな人ではなく、
   二番目に好きな人を選んだ方がいい」

と、したり顔で口にする者がいるそうだが、

付き合っている相手が人生で二番目に好きかどうかなんて、

  分かる人がいるんだろうか?

でも、ひとつだけ確かなことがある。

人生で一番好きな相手は失おうとする、

  将にその瞬間に「この人だ!」と気づくのである。




最後は、健(山下智久)の目の前に妖精(三上博史)が現れた時のことばです。


「男は女の最初の恋人になりたがるが、
   女は男の最後の恋人になりたがる」 by オスカー・ワイルド


英語だとこんな感じです。

Men always want to be a woman's first love,
  women like to be a man's last romance.


プロポーズ大作戦は、4月16日から放送スタートしました!

気になる人気ランキングへ

この記事へのトラックバック・コメントなどをお待ちしております♪

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。