こたえる。かなえる。新しい決意「かざか証券」!
【レンタルサーバー】激安!ロリポップ
【アフィリエイト】エーハチネットに参加してお小遣いをゲットしちゃいましょう

プロポーズ大作戦 あらすじ

プロポーズ大作戦 第7話のあらすじ

プロポーズ大作戦の第7話のあらすじです♪


大学3年の夏休みに戻った岩瀬健(山下智久)。

多田哲也(藤木直人)が吉田礼(長澤まさみ)に告白した夏である。

多田より先に、礼に自分の気持ちを伝えようと決心し、
機会をうかがう健は、
研究室の大掃除中に勇気をふりしぼって告白!!

だが、礼は冗談だと思って取り合わない。

その日は花火大会で、
健ら5人は大学の屋上で見ようと、ビールを用意する。

礼と奥エリ(榮倉奈々)は浴衣に着替えて屋上に現れる。

健は礼の美しさに目を奪われる。

ところが、新築ビルの陰になり肝心の花火が見えない。

礼は、研究室にある花火を取りに行こうとする。

健は、この時に多田が礼に告白したことを思い出して、
ついて行こうとするが、丁度そのタイミングで
エリが元彼からの呼び出し電話を受けた。

見送る鶴見尚 (濱田岳)に、健は
「今エリを止めなきゃおまえは絶対後悔する」
と必死に説得。

その間に礼はひとりで研究室へ向かってしまう。

健に促された尚は、エリを引き止めることに成功!

その間、健は必死に礼の後を追う。

礼が研究室に着くと、多田がいた。

いつになく真剣な表情で、
多田が礼に告白しようとした瞬間に健が飛び込んで来た。

なんとか多田の告白を阻止した健だが、
人の幸福を奪ったことで心は痛む。

しかし、その罪悪感以上に礼への想いをあきらめられない健。

みんなで花火を終えると、研究室で飲みなおすことに。

そこで、王様ゲームをすることになった。

健は、告白の機会を得ようと榎戸幹雄(平岡祐太)に、
王様になったら礼と2人きりにしてくれと頼む。

だが、王様を引き当てたのは多田だった。

ゲームのルールを知らない多田だが、
王様はなんでも出来ると言われ、
なんと!!礼に告白してしまう。

礼も満更ではなさそうにはにかんでいる。

唖然とする健。

披露宴会場に戻った健を、
タイミングや体裁ばかり考えているからだと妖精(三上博史)が叱責。

すると健は、もう過去に戻るのは辞めると告げる。

妖精が消えると、会場では尚とエリがラブラブ。

健が尚にエリを止めるよう言ったことが功を奏していたのだ。

現在は確実に変わっているのに、なぜ自分は・・・

悔やむ健に幹雄が、
「この写真以来タイムスリップしなかっただろう」
と言う。

「もっと早く知っていたら、力になれたのに」
と続ける幹雄。

だが、もはや健は、妖精にタイムスリップ終了を宣言していたのだった・・・


第8話へつづく


引用: 『プロポーズ大作戦公式HP』より ⇒ http://wwwz.fujitv.co.jp/propose/index.html


プロポーズ大作戦

気になる人気ランキングへ

この記事へのトラックバック・コメントなどをお待ちしております♪
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/43337191
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。